はりきゅうふくた 丁寧な治療を心がけてます(鍼灸院/福岡市早良区)

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


鍼灸専門学校の学生さん

鍼灸専門学校の学生さん

最近…、鍼灸の専門学校に通っている学生さんが患者さんとして、時々、治療を受けに来てくれるんです。
最初は「刺絡治療を受けたい…」という要望で来院され、僕も鍼灸学校の学生さんとは知らずに治療したんですが、あとで鍼灸専門学校の学生さんだという事を知ったんですよぉ~…、しかも…僕が通っていた学校に通っているとの事…。

「早く言ってよぉ~(^△^; 」(テレビCMの松重豊さん風に…(苦笑))「学生です…」って言ってくれたら、何故、このツボを選んでいるか…とか、色々と解説しながら治療してあげたのに… ( ̄▽ ̄;)

それ以来、時々、治療を受けに来てくれるので、治療中に治療に関しての質問に答えたり、学校の話しを聞いたりしながら、治療してるんですが、時々、学生の時って、僕もこんな感じだったよなぁ~って思う事があるんですよねぇ~。

何て言うんでしょうか…。学生時代は知りたい症候群とでも言うのか… (^-^;) 僕も鍼灸の学生時代は東洋医学的な思考で考える事を癖にするようにしていた節があるんですが、いざ鍼灸師になって、臨床で患者さんの病気や体調不良を治す場合、東洋医学的な思考だけでは患者さんに納得してもらえない事も多々あるんですよねぇ~。

今、僕が思う、治療する時のベストな思考の割合としては、東洋医学的な思考が50%、現代医学的な思考が30%、雑学的な思考が20%かな… ( ゚∀゚)(※歳を重ねれば思考の割合に変化があるやもしれません…(苦笑))

まぁ~学生さんは3年後の国家試験に合格する事を第一義として勉強しているわけなので、それに向けてのプレッシャーと、無事に国家試験に合格し鍼灸師になり、世間に放り出された時に、鍼灸師としてやっていけるのだろうか?というプレッシャーが混在するのが学生時代なんでしょう。

もう学校を卒業して17年経っているんですが、この学生さんを治療させてもらうたびに「あぁ~こういう時もあったなぁ~…大変だろうなぁ~」って思いながら、少しでも身体を楽な状態にして勉強に身が入るように治療してます。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*