はりきゅうふくた|丁寧な治療を心がけてます。|福岡市早良区鍼灸|腰痛|肩こり|四十肩・五十肩|頭痛|坐骨神経痛|眼の疲れ・緑内障|頭痛|めまい・メニエル|耳鳴り・難聴|胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎|ギックリ腰|顔面神経麻痺|寝違え|逆子のお灸治療|刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


芸とは磨かれたものだという事を再確認

芸とは磨かれたものだという事を再確認

先日、何気な~くTVを見てたら小島慶子さんが落語をやってまして… 「へ~~!小島さんって落語をするんだぁ~」 って感じで見てましたら「権助提灯」 という噺だったんです。やはり喋る事を職業にされてる方なので、ストーリーを外す事なくフリートークも交えながら、しっかり演じきられてました。でねぇ~…その後に三遊亭遊雀さんが 「紺屋高尾」 を話されたんですが、当然ながら間の取り方といい、風景が後ろに見える…っていうか… 「さすが!!」 って感じでした。小島慶子さんがどうこう言う話ではなく落語というものは何度も同じ噺を練習して舞台にかけて、余計な部分を削ぎ落とし、削ぎ落とし、出来上がっていく芸なんだなぁ~って再確認できた感じなんですよね。僕ら鍼灸の世界も同じなんですが…芸事、職人芸というものは、こういうものなんだよねぇ。

ラジオ番組で小島さんがこの時の様子を話されてました。↓

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*