【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・眼の疲れ・緑内障・頭痛・めまい・メニエル・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

わかっちゃいるけど止められない…♪

わかっちゃいるけど止められない…♪

sudara

だいたいの物事には必ずそうなる理由があるわけですよね!

物事を簡単に考えると「じゃぁ~その原因を見つけて改善すればいいんだよね!」…って事ですべて丸く収まるはずなんですが、まぁ~そう簡単にいかないのが世の常とでも言いますか…。社会の成り立ち…人間関係…はたまた病気や痛みに至るまで「わかっちゃいるけど止められない…♪」というスーダラ節な感じで…ダラダラと悪い方へ悪い方へと加速すること無くゆっくり進んでいくものだから(急速に悪くなるとビックリして病院に駆け込みますよね!)その結果、もう自分じゃどうする事も出来なくなって、誰かに助けてもらいたくなる…。(どこかの国みたいだなぁ~)

慢性症状ってこんな感じなのではないかと思うんですよねぇ~!

生活パターンを変える…。習慣を変える…。患者さん自身が痛みが起こっている原因を認識して意識を変えないと、慢性的な痛みや症状からは解放されないんじゃないかな…。僕らは鍼や灸を使い体が楽な状態になるようにお手伝いさせてもらっている…それが鍼灸治療の根本のように思えます。なので僕らは治療中、患者さんに同じ事を何度も何度も話します。「肩や首の凝りは取っておかないとねぇ~…とか、体の手入れを定期的にしてあげないとダメですよ!」って…。これって…決して営業トークじゃないんですよ!(笑)患者さんの意識を変えてもらう必要があるので体からのメッセージを伝えている…そんな感じです。

症状や痛みが改善されて来た場合は、多分、患者さんの意識も変わってきてるんでしょうねぇ~

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*