【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・眼の疲れ・緑内障・頭痛・めまい・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

ちょっと違うと思うんですよねぇ~

ちょっと違うと思うんですよねぇ~

dari1

鍼灸治療を受けられる患者さんは必ず何か体の不具合を持っていて、「○○○○が痛い!」「気分が優れない!」と体調不良を訴えて来られます。なので僕らは、その症状を取るため…、その病気を治すために一番最善な方法を選び、鍼の種類を選んだり、お灸のやり方を変えたり、電気鍼を使ったり、刺絡をしたり…、その患者さんの体調に合った治療を行います。

でも時々、新規の患者さんから「おたくの治療院は電気の鍼はされてますか?電気針をして欲しいんですけど…」とか「刺絡治療をして下さいませんか?」と治療法を指定される方がいらっしゃるんですよね…。
多分、噂で電気鍼の良さを聞いた…とか、以前、別な所で刺絡治療を受けていた…とか、色々な理由があっての事でしょうが、僕はこの「治療法の指定」は間違っていると思うんですよね!別に立場的な関係を優位にしようという訳ではなく、その治療法を患者さんに施す上での責任の所在は治療者である僕にある訳です。何か不具合が起こった場合「患者さんがこの治療をしてくれと言ったからしたんです…」なんて言ったとしたら「なんていい加減な奴だ!」「鍼灸治療ってそんなものか!」と言われると思うんですよねぇ~。
患者さんがやってと言ったから、やった…では、それはサービースであって医療・治療ではないと考えます。

なので「治療法の指定」をされる患者さんには「ウチの治療院で、そういう治療法をやってはいますが、まずは体の状態を見させていただいた上で、どの治療が最適な治療法かを僕自身が判断しますので、患者さんが期待されている治療法を選択しない場合があることを了承して下さい。」とお伝えしています。

飲食店などで食べたい商品を注文するのと同じ感覚で鍼灸治療を考えるのは間違ってると思うんですよね!
これも病院や医療関係がサービス過多の傾向にある弊害なのかもしれません…。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*