【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・めまい・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

新しいモノを見つけるためには…

新しいモノを見つけるためには…

ill_01

エビデンスがある情報はYesで、エビデンスがない情報はNO…
ホントにそうなのか??????
白黒付けちゃうと新しい考えが生まれないんじゃないかぁ???

昨夜、うどん屋さんに行った時、うどんが出来るまでお店に置いてあった週刊誌…週刊文春だったかな?
ペラペラとページをめくってましたら、『近藤 誠「根拠を示して欲しい」 × 大場 大「近藤 先生の論法は危険だ」 “がん放置療法”は正しいのか?』という記事があったので読んでみました…。

おっ!バトル…!やってる!やってる!  バキッ!!  ( -_-)=○○=(–#) パーンチ

色々と賛否両論あるとは思いますが、なんとなく癌の治療に関して、現在行われている抗癌剤・放射線・切除手術の三種の神器的な治療は行き詰まってるように思えるんですよねぇ~。

僕はエビデンスという言葉はあまり好きではないんですが、このエビデンス…。

端から見て現段階では大場さんの言う「近藤 先生の論法は危険だ」という事柄に関してのエビデンスは出せないと思うし、近藤さんの言う「癌もどき」もエビデンスとしては薄い…。そんな感じがするんですよねぇ~。何となく状況証拠で推測して犯人を捕まえようとしている…。そういう段階のような気がします。

でも、そう考えると近藤さんの「癌もどき」という考え方は、行き詰まっているように見える、今までのガン治療の考え方とは違う考え方なので、抗癌剤・放射線・切除手術以外に新たな道を作るものと考えてもいいのではないかと思うんですよねぇ~。科学を標榜する人達がよくエビデンス…エビデンス…と言いますが、全否定する必要はなく考察に値する…と思うんですよ。

今年に入って僕の好きなギタリストの石田長生さん。俳優の今井雅之さん。以前からTHE WINDS OF GOD 見るチャンスがなくて、いつか見たいなぁ~と思ってたんですけどね…。残念です。
お二人とも癌が告知されてから亡くなるまでが早かった事に関して、その時、僕の頭に浮かんだのが近藤さんの本に書かれていた抗癌剤の話だったんですよねぇ~。でも1つ踏み込んで考えるならば、抗癌剤云々の前に、お二方とも不規則な生活をされていたのではないか?かたやミュージシャン…、かたや俳優さん…、やはり深夜までの飲酒喫煙、極度の緊張、ツアー…、思いつくだけでも免疫力が低下しそうな事柄は山のように出てきます。
近藤さん、大場さんがバトルされてる段階以前の不規則な生活で免疫力を下げてしまうというところが一番のポイントなんじゃないんでしょうかねぇ~。日頃の生活が一番大事…。昔から言われてきている事なんですよねぇ~~。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*