【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・めまい・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

逆子

逆子

89-2

時々「逆子なんですが…治療されたことありますか?」とか「逆子ってお灸で治るって聞いたんですけど…」…と問い合わせがあったりします。僕ら鍼灸師からすると逆子治療は普通なんですが、意外と知られていないんですよねぇ~。肩こりで来院されてる年配の患者さんに治療中、逆子治療の話をしたら「へ~~そうなの?知らなかった!」って仰ってましたから、昔から知られている治療じゃなかのかな??でも、最近の産婦人科でもお灸治療を取り入れている所もあったりして広まっている感じはするんですよねぇ~。

逆子治療…。足の小指にある至陰というツボをつかったりするんですが、やはりこれにもタイミングがあるんですよ。統計を見ても28週~31週までに治療した方が32週~35週より矯正率が高いとか…。初産婦と経産婦でも効果の違いがあったり。35週目までだったら矯正が期待できるというデーターがあったりと、様々なんですが概ね28週から34週辺りでの治療が効果が高いように思います。

先日も以前、肩こりとかで治療に来られていた方から「逆子なんですがお灸で治せませんか?」と1年ぶりに連絡があり、治療させてもらったんですが、1回の治療で逆子が治っちゃったみたいなんですよねぇ~。その後は、足の浮腫とか手のしびれとかがあったようなので週1回ペースで、足や肩首の治療をさせてもらっていたのですが、もう来週あたり生まれそうと言うことで、9月1日に治療を終えられたんですよ。あれから1週間以上経ちますから、そろそろ赤ちゃんと御対面されてるでしょうねぇ~。

何度か逆子治療をしたことがありますが、改めて逆子治療はタイミングだなと感じた症例でした。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*