【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・眼の疲れ・緑内障・頭痛・めまい・メニエル・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

漢方薬

漢方薬

h-1

一般の方は漢方薬っていうと「すぐには効かないけど体質改善」とか…そんなイメージを持っている方が多いように思います。

いやいや…、然にあらず!然にあらず!

漢方も鍵と鍵穴がピシャリと合うと、ものの数分で効果を感じるものなんですよねぇ~。まぁ~確かに長期的に服用して体質改善を図る場合もありますし、一概に全てにおいて鍵と鍵穴がピシャリ!…というわけにはいかないと思いますけど、漢方薬ってそういうものなんですよねぇ~!

昨日、NHKの歴史秘話ヒストリアで曲直瀬道三を扱ってましたが、曲直瀬道三の師匠となる田代三喜が薬を調合して僧に飲ますと、飲んだ瞬間「何か体が楽になった気がする…」というシーンがありました。あのシーンを見て「ホントかぁ?」って思った人もいるかも知れませんが、あれってホントに症状と薬効が合えば、起こり得る事なんですよねぇ!

漢方薬がすぐには効かないなんて、とんでもねぇ~話ですよぉ~!!

実は僕も先日、連休の時に体調を崩しまして、ある漢方薬を飲んだんですが、飲んですぐ憑きものが取れるかの如く、背中がス~~と軽くなるのを感じたんですよねぇ~。
もちろん鍼灸でもそういう経験ってよくあるんですよねぇ~。やはり十把一絡げで施す治療より、その症状に適した治療…鍵と鍵穴がピシャリと合うと、その効果って絶大です。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*