【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・眼の疲れ・緑内障・頭痛・めまい・メニエル・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

美容鍼 ~思考の変化編~

美容鍼 ~思考の変化編~

bi

美容鍼って言い出したのはいつごろからでしょうか?10年前くらいからかな??
「アンチ・エイジング」というお題目のもとに、今では色々な鍼灸院で美容鍼灸をしてるようです。
(美容鍼灸が流行る前は耳つぼダイエットが流行ってましたよね…。)

「美容鍼灸って治療なのか??」っていう疑問がず~っと僕の中にあるので、はりきゅうふくた では美容鍼灸はしてませんが、美容鍼に関してある程度の理屈は理解しています。気血の流れを良くする…。リンパの流れを良くする…。シワに鍼を刺すことで皮膚を浮腫ましてシワをある一定時間消す…。まぁ~どれも「なるほどな…」と理解は出来るんですが、コレって治療なのか??っていう疑問に対する答えにはならないんですよねぇ~。

美容鍼灸をやってる人から「頭が硬い!」「考え方が古い!」と言われても仕方がないんですが疑問に思っているんだからしょうがない…。(不器用なもので…by 高倉健…)

「鍼灸=医療」という考えが根底にあるもので、「コレって治療なの?」っていう疑問への答えが見つからない…。逆に美容鍼灸をやってる人達って医療としてやっているのか?それともサービス的な感じでやっているのか?流行っているから…集客が見込めるから、とりあえずやっている。…そんな感じなんでしょうか?

まぁ~鍼灸って「痛い…熱い…怖い」と敷居が高いから、導入部としての美容鍼灸でいいんじゃない? 女性は美しくなると心の健康も保てるからそれで良いんじゃない?という意見もありますが、アンチ・エイジングと言っても限界はあるわけで、シワに鍼を刺して浮腫ましても…、リンパの流れを良くしても…、どうあがいても老いる事には勝てないと思うんですよねぇ~。本格的な鍼灸治療を受けたこと無い人が、美容鍼灸を受けて限界を感じると「鍼灸ってこの程度のものなのね!」なんて軽く見られてしまう事を危惧してしまいます。

でね…ここからが本題です。

先日、髪を切りに行った時に美容師の人に美容鍼について聞かれたので、その問いに答えてたら、その美容師さんが「なるほどぉ~!じゃぁ~美容鍼って治療っていう感じではなくて、女性が毎日する化粧と同じ感覚なんですね!」と一言…。
目からウロコでした。
なるほど!化粧かぁ~!そう考えると合点がいく…。ガッテン!ガッテン!
治療とかアンチエイジングとか、なんか大それた感じで捉えるのではなく、メイクアップの一部として美容鍼灸を捉えるのであれば、僕的には批判する要素は全く無くなります。(でも僕個人はケバい化粧をする人よりナチュラルメイクをする女性が好きですが…(笑)…えっ!?聞いてない?…こりゃまた失礼いたしました。)

なので美容鍼灸=化粧という考えを踏まえての個人的な考えとしては美容鍼灸をするのであれば鍼灸院とかではなくて、お洒落なエステサロンみたいな場所でやった方がいいような気がしますねぇ~。

別に今さら看板かかげて「美容鍼します!」なんてやる気はサラサラありませんが、知り合い限定ならやってもいいかなっていう気に今はなってます。…我ながら変わり身…早いなぁ~(苦笑)
「昔、言ってた事と違う!」ですて?? …成長してるんですよ!成長!!!(笑)

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*