【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・めまい・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

体のしくみが分かってる人は、まず鍼灸治療を選択する…んじゃないかな?

体のしくみが分かってる人は、まず鍼灸治療を選択する…んじゃないかな?

f0105741_7151966

以前、読んだ本に、医療を例えて言うなら手術は重機(ショベルカーやブルトーザー)が必要なくらいの大がかりな工事作業で、投薬は起爆剤的な感じ… 起爆剤で人間が本来持ち合わせている治癒力の効果を加速させるイメージなんでしょうね!起爆剤だから長期間使うと体にダメージを与えてしまう事になるので、出来るだけ薬の長期服用は避けるようにしているわけなんですよね。そんでもって… 鍼灸を例えて言うならGPSのナビゲーションのようなものだと書いてあったように記憶しています。体が本来、持ち合わせている自己治癒力をナビゲーションのように導いてやる治療法という事なんでしょう。
手術・投薬・鍼灸と、その都度、必要に応じて使い分けるのがベストな選択だと言う事は言わずと知れた事ではあるのですが、そう考えると、今、鍼灸治療を受けられている人は体の仕組みを理解していらっしゃる方々なんだろうなぁ~と思うわけなんですよねぇ~。
重機を入れなきゃどうしようもない状態になる前に…、起爆剤を投与しないと体の治癒能力が動いてくれないような状態になる前に…、鍼灸で自己治癒力をあるべき姿に導いてあげるって理にかなってると思いませんか?

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*