【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・眼の疲れ・緑内障・頭痛・めまい・メニエル・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

腸骨筋

腸骨筋

tyo

腸腰筋って足を前に出したり、足を上げる時に作用する筋肉なので、階段の上り下りが辛い人や、歩いていてよくつまずく人などの症状の場合、腸腰筋にアプローチする治療をおこなうんですが、色々と本を読んでましたら全ての人がという訳ではないですが腸骨筋って70才では筋肉量が50%減るらしんですよね!

よく年配の方で肩や腰などの痛みを訴える患者さんが「何もしてないのに…」「今までは痛くなかったのに…」「何でですかねぇ~」って言われるんですが、70才で50%の筋肉量の減少って聞いたら、然もありなん!って納得しちゃいますよねぇ~。

コレも以前、何かで読んだんですが、生き物って年齢を重ねると身体自体がいかにエネルギーを使わないようにするか、エネルギーを使わずに長く生きながらえるようにするのか…という方向にシフトしていくらしいんですよねぇ~。体の中で事業仕分けがおこなわれてるらしいんですよ!「2位じゃだめなんですか!」っていうアレです。

そうすると…一番、エネルギーを使うのは筋肉。しかも太い大きな筋肉…。太く大きな筋肉は体を動かすのに重要な役割を果たすモノが多いですよね!体がエネルギーの浪費を控える為に筋肉量をわざと減少させるという事は歳を取ると “必ずどこかが痛む” という事なんですよね!

多分、みんな…「じゃぁ~筋肉量が減らないようにするにはどうしたらいいの?」って考えると思うんですけど、筋肉量が減らない魔法の薬なんてないわけですから、やはり、良い方法と言えば、運動とかストレッチしかないわけなんですよねぇ~。生理的に筋肉量が低下してる筋肉を無理矢理動かして…言い方を変えれば、自然の流れに背いて運動をするわけですから体に無理をきたす可能性が高くなる。そんな無理をさせてしまっている筋肉にはメンテナンスが必要になるわけなんですよぉ~!やっぱり体のメンテナンスと言えば鍼灸治療が一番だと思うんですよねぇ~!

« »

コメント

  • 柏原 卓幸 より:

    そうなんです。私たちがやっている仕事は正しくトレーニングとケアなんです。加圧トレーニングは成長ホルモンの分泌量がたくさん出ます。年齢が高くなればなるほど、筋トレとケアなのです。

    • admin より:

      柏原さん
      コメントありがとうございます。
      加圧トレーニングは理にかなってますよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*