【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・眼の疲れ・緑内障・頭痛・めまい・メニエル・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

流行始めているみたいですね!

流行始めているみたいですね!

r0003683

この時期…必ず流行するもの…そう!インフルエンザ!
なんだか、もう既に流行始めてるみたいですねぇ~。インフルエンザの感染経路としては飛沫感染と接触感染がありますが、飛沫感染の対応策としては…「近寄らない」…(苦笑)。インフルエンザのウイルスもサイズが色々あるみたいですが隔離病棟で使うような高性能のマスクは別として市販されているサージカルマスク(ウイルス飛沫カットと謳っているもの)で捕らえれる大きさは3μm(マイクロメーター)。マイクロメーターってどれくらいの大きさ?って思って調べてみたらミリメートルの1000分の1だそうな…。でぇ~…だいたい空中に舞ってるウイルスの大きさは0.08~0.12μmくらいらしいんですわ!…という事はマスクでは予防は無理だということですな!(くしゃみとか咳による拡散を少なめにする事には役立つかも…)あと、うがいに関してはウイルスが口中や鼻中に入った場合、細胞内に入るスピードが速いために感染予防としては役立たないという話を聞いたことがあります。

僕ら一般人が普段から出来る感染予防としては手を洗う事で接触感染を防ぐ事くらいでしょうねぇ~。
インフルエンザの予防接種は…賛否両論ありますが、やりたければ予防接種を受ければいいし、したくなければ受けなくていいと思います。お医者さんとしては「妊婦さんや、高齢者、子供、免疫力が低下しがちな慢性疾患のある人やインフルエンザを患った患者さんに接する事が多い医療従事者は毎年予防接種することを勧める」というWHOの見解を元に「みなさん!インフルエンザの予防接種を受けましょう!」…という事になると思うんですが、WHOの見解をよく読むと免疫力が低下していない健康な大人はワクチン接種しなくても手洗いなどで防げる!…という解釈もできるわけですよね!

基本的に完璧はプロテクトは不可能という事なんでしょう。

やはり重要なポイントとしては免疫力が低下しないような日常を過ごして健康な体を維持し、もし感染してもすぐに治るような体作り(免疫力が正常に作動する状態を保つ)、これが一番重要な事だと思います。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*