【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・めまい・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

程度問題…(病篇)

程度問題…(病篇)

病気に限らず、なんにでも”程度”というものはありますよねぇ~。

今はこういう事を言うと「常識が無い…」と言われるかも知れませんが…、昔、僕が子供の頃はチョットすりむいた擦り傷は「ツバを付けとけば治る!」って言われてました。実際、ツバを付けなくても傷口を水で洗い流して放っておけば治ってましたし、お腹が痛い時にお腹に手を当てておいたら、お腹が痛いのが治った事もありました。所謂、その”程度”で済む擦り傷や腹痛だったと言う事ですよね!

「もしかしたらこの痛みは命に関わる病気なのかも…」とか「傷口を消毒しなかったら傷口からバイ菌が入って…」とか、疑えばキリが無いんですが、「これくらいは大丈夫!」なのか…「チョットこれはヤバイ状態…」なのか…、という判断を誰が下すか?…医者なのか?…親なのか?…本人なのか?…が、この程度問題のキーポイントになるわけですよねぇ~。

たぶん、僕らが子供の頃は、僕の親世代の経験値から「ツバを付けときゃ治る!…お腹に手を当てておいたら治る!」という判断が出来てたんでしょう。でも今の御時世、TV番組を見れば医療を扱う番組で少数の特異な例を取り上げて恐怖を煽る情報が飛び交ってますし、なんでも消毒・除菌を合い言葉にしている昨今、健康に対して年齢に関係なく恐怖心を抱くように教育?洗脳?されているように思うので「ツバを付けときゃ治る!…お腹に手を当てておいたら治る!」なんて言った日には、時代遅れ…時代錯誤のレッテルを貼られてしまいそうです。

鍼灸もどちらかと言えば時代遅れの医学と思われている節もありますよねぇ~。

「これくらいは大丈夫!」なのか…「チョットこれはヤバイ状態…」なのか…という判断を誰が下すか?ですが、多分、健康に対して年齢に関係なく恐怖心を抱くように教育?洗脳?されているような今の現状では「僕達は素人だから判断出来ないので専門家に判断をゆだねる…」って事になると思うんですよね!そうなると「医療=医者」という図式になると思うんですが、鍼灸はこの図式に入っていないのが現状でしょう。

何が言いたいのかと言うと「もっとお医者さんに鍼灸に対して理解を示して欲しい」という事なんですよ!(注:鍼灸治療が適してる症状に限っての事ですよ!)適材適所という言葉があるように、医者が対応しなければいけない病もあれば、鍼灸の方が優れている病もあるわけなんですよね!けれど如何せん「鍼灸=時代遅れの医学」と思っているお医者さんが多いのも事実ですし…、なかなか鍼灸治療をファーストチョイスする機会って少ないんですよねぇ~。

鍼灸治療を受けに来る人の流れとしては、病院に行ってレントゲンや色々な検査したけど「異常ない」と言われ、保険が使える気軽さもあり整骨院に数ヶ月通うけど治らないという人が「鍼灸って怖いけど…」と鍼灸院に来られる事が多いのが現状で、正直言って「もっと早く鍼灸治療を受けておけば早く治るのに…」って思う事が多いんですよぉ~。

まぁ~ゲスの勘ぐりでない事を期待したいんですが…お医者さんが「餌場を他業種に分け与える気なんてサラサラ無いよ!」なんて思って無いことを願いつつ…(苦笑)イチ鍼灸師が呟いてみましたが…、現状は変わらないんだろうなぁ~。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*