【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・眼の疲れ・緑内障・頭痛・めまい・メニエル・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

同調現象…其の二の巻

同調現象…其の二の巻

先日 “同調” というタイトルで、過去に鍼灸の勉強会で経験した事やバンド練習で体感した同調現象らしきモノを紹介して、Youtubeで大量のメトロノームを使って行っている同期現象の実験映像を貼り付けていたんですが、昨日、風呂に入っている時に “同調現象” について「そう言えば…コレも同調現象の1つだよなぁ~」思いついた事があったので追記しようと思いますね!

ひと昔前に「KYだよねぇ~」と空気が読めないという意味で使われていた言葉?がありますが「空気を読む=同調する」という事でもあると思うんですよねぇ~。数年前に読んだ『「空気」の研究』山本七平(著)にも、このような事が書いてあったように記憶してますが、これを機にもう一度読みなおしてみようかな…。

で…、風呂に入っている時に思いついた事なんですが…プラセボ効果(プラシーボ効果)ってありますよねぇ~。これって同調現象の1つだと思うんですよぉ~。よくプラセボの説明で「偽薬を本物の薬として頭痛の患者さんに服用してもらうという実験をすると半分くらいの人の頭痛が治ってしまう」という現象が紹介され、体の自然治癒力を引き出すという例えで使われたりするんですけど、時々、東洋医学…特に鍼灸に理解が無いお医者さんや科学者から「プラセボ=偽物」というような解釈で「鍼灸はプラセボ効果です」というような発言を聞いたり文章で読んだりした事があるんですが、このプラセボって同調現象により体が変化を起こす事だと思うんですよねぇ~。

仮に「鍼灸=プラセボ」だとして、治療する側(鍼灸師)が何とか患者さんの病気や症状を治したいという強い気持ちで鍼やお灸を使って治療し、患者さんも「なんとか自分のこの症状や病気を治したい!」という気持ちで治療を受ける事で体の自然治癒力が高まる事を「偽物の治療」って言えないと思うんですよねぇ~。プラセボの実験結果を逆手に取れば、偽物だと思い込んで飲んだ本物の薬も効かなくなる…、もしくは薬の効果が低下するという事だと思うんです。…という事は鍼灸の効果に疑念を抱いている人が、鍼灸治療を受けても鍼灸の効果は期待出来ないと思うんですよぉ~。

「じゃぁ~プラセボで何でも治るのか?」というと、そこには “病の程度” という問題が関わってくると思うんです。やはり自己治癒力にも限度がありますし「プラセボで何でも治るものでは無い…」という事は誰しも理解出来る事だと思うんですが「何に対しても最高のモノを求めたい…」という気持ちは誰にでもあると思うんです。でも最高のモノって扱いが難しいんですよねぇ~!「最高のモノ・最新のモノ=諸刃の剣」という側面も持ち合わせているんですよぉ~。なのでいつも言ってますが “病の程度の判断” ここがキーポイントなんですが…「病の程度を誰が判断するのか?」を考えると、現代においては9割くらいの人が「お医者さんに判断をまかせる」って言うと思うんですよねぇ~。

そこでまたいつものボヤキです…「鍼灸に対して理解を示すお医者さんって少ないんだよなぁ~。」またボヤいてしまいました。…(苦笑)

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*