【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・めまい・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

怪我の功名~せんねん灸太陽篇~

怪我の功名~せんねん灸太陽篇~

去年、間違って発注してしまった商品…そう!それがこの『せんねん灸太陽』という商品。
当初「あぁ~やっちまったぜ!誤発注…(涙)」と後悔したのですが「まぁ~何かに使う事もあらぁ~な!」と放っておいたんですよ…。

実は数十年前から耳かきのし過ぎで、外耳炎になったり…治ったりを繰り返して、はや有余年…。「もう耳かきはやめよう!」と心に誓ったのが数年前…。それ以来、耳かきは使ってはいないんですが、時々、綿棒でグリグリしてたら、案の定、また外耳炎になったりして…。

「最近は耳鳴りも併発してるし…ど~にかせないかんなぁ~」と考えていましたところ、「体を温めると血行が良くなるので新陳代謝も高まり傷の治りもよくなるよなぁ~。…っう事は、お灸かぁ~。」と僕の商売柄『体を温める=お灸』という図式が頭に浮かんできます。でも耳の周りにお灸は熱そうだし…、自分で鏡を見ながらは面倒くさそうだし…、以前、耳鳴りを治そうと乳様突起の辺りに、自分でせんねん灸を使ったら髪がチリチリになったり、けっこう火傷したりしたよなぁ~。とネガティブな事ばかり思い浮かぶんですわ!

「なんか良い方法ないかなぁ~?」と治療院の棚を見回していたところ、目にとまったのが…そう!誤発注していた『せんねん灸太陽』

この『せんねん灸太陽』は簡単に説明すれば使い捨てカイロの超小さい版で皮膚に接触する部分に艾が敷いてあるというモノ。温度はだいたい40~50℃くらいで、温かいのは3時間くらい続くんですよ!超小さいと言っても耳の穴の中に貼れるはずも無いので、ツボの聴宮穴を中心に耳を塞ぐ感じで1日1回『せんねん灸太陽』を貼ってみたところ、外耳炎の治りが薬を塗ったりするより早いんですよぉ~!
『せんねん灸太陽』を耳に貼ってると、外見的には耳に何か装着している感じで、映画”スタートレック”に出てくるサイボーグのようではありますが…(笑)イイ感じ。

耳鳴りは消えてはいないけど、気にならないくらいになってるし…、僕の耳鳴りは外耳炎由来のものなんでしょうねぇ~。外耳の炎症で耳だれなどで悩まれている方に対して、聴宮穴周囲への『せんねん灸太陽』は試す価値ありだと思います。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*