【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・眼の疲れ・緑内障・頭痛・めまい・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

どちらが効いたか!ではなく結果として逆子が治ればいい話で…

どちらが効いたか!ではなく結果として逆子が治ればいい話で…

ここのところ、逆子の治療を希望される患者さんがいつになく多いのはなぜかな?

ホームページを見たり、紹介されたり…と、色々なルートで来院されるんですが、いつも一方通行というか…、治療はしたけど結果がどうだったのか?…逆子が治ったのか?…逆子が治らず帝王切開する事になったのか?僕ら鍼灸師は患者さんからの報告が無ければ分からないのが現状ではありますが、出産後に肩こりや腰痛治療で逆子治療を受けられた方が来られて、どうだったか結果を知ることになる。…という感じなんですよね。

逆子がお灸の治療で治らなかったら鍼灸治療への信頼感は低下するはずですから、逆子が治らなかった場合、その後、肩こりや腰痛をおこしても治療には来てくれない可能性が高くなると考えれば、出産後に腰痛や肩こりの治療に来てくれる確率が高いという事は逆子が治ってる事が多いということなのかもしれませんね…。

鍼灸院に逆子治療を受けに来られる方の特徴として共通しているのが妊娠33週とか35週で駆け込み寺的にお灸の治療を希望される方が多いんですよね…。統計的にも妊娠28週~31週の方が逆子が治る確率が高いという事は知られているはずなんですが、何となくですけど、逆子だと分かった時点で「お灸は熱いだろうし、まずは逆子体操で…」というような感じで取り組まれている方が多いように思うんですよねぇ~。逆子体操でひっくり返らなかった場合、既に33週とか35週目に入っていて「お灸で何とかなりませんか?」となる。

う~~ん…

どうせなら逆子が分かった時点で逆子体操とお灸の治療を同時にやった方が良いと思うんですよねぇ~。お灸の方が治る…体操の方が治るとか、手柄争いのような事は、ど~でもいい話で、結果、逆子が治れば母胎の負担が減るわけですしね…。回るか?回らないか?結果は2つに1つですし、やれる事は全てやる体制で臨んだ方が良いはずなので、逆子だと知らされた時点で逆子体操とお灸治療の同時進行を試されてみてはいかがですか?

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*