【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・眼の疲れ・緑内障・頭痛・めまい・メニエル・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

めまい・メニエル

鍼灸の効果

施設写真

まず、最初にお伝えしておきたいのは、鍼灸は自律神経の調整に、とても優れている治療法なんです。
肩コリや首コリや頭痛など…、いわゆる"コリ”というものは、基本的に体が交感神経優位になっている状態で起こる現象ですので鍼灸治療は鍼と灸を使い、副交感神経を優位にして”コリ”を取ると同時に体に対するストレスを取り除いていくのは鍼灸治療の得意技なんです。


めまいの種類

機器写真

よく鍼灸院に"めまい”の治療で来られる人は、病院で診断されている方もいらっしゃいますが「メニエル病みたいな感じ…」とか「メニエルっぽいんですが…」と、自己診断されている方も少なくありません。これは『めまい=メニエル』という認識が世間で広まっているからだと思うんですよね。

専門書によると、”めまい”の原因としては、耳が原因の場合と脳が原因の場合とに分類されています。おおよそですが、"めまい”は耳が原因の場合が60% 脳が原因の場合が40%らしいんですよね。脳が原因の”めまい”は、もちろん鍼灸治療対象外ですので、鍼灸で”めまい”の治療対象となるのは、残りの60%の耳が原因で起こる”めまい”になります。

耳が原因の”めまい”は「良性発作頭位めまい症」と「メニエル」と「前庭神経炎」に分類されるようですが、前庭神経炎はウイルス感染によって第8脳神経の分枝が炎症を起こす事で起きる”めまい”と考えられているので、鍼灸治療の対象としては除外すべきと考えます。前庭神経炎の症状としては、突然の激しい回転性のめまい発作が特徴で、耳鳴りや聴力に影響はないようです。

…という事は、鍼灸で治療できる”めまい”は良性発作頭位めまい症とメニエルによる”めまい”という事になります。


良性発作性頭位めまい症 と メニエル病




お医者さんによると、患者さんがメニエル病と自己診断で病院に来られる人が多いらしんですが、90%はメニエル病ではなく、残り10%がメニエル病と診断されるようです。

良性発作性頭位めまい症とメニエル病の発生機序は違うんですが、共通しているのがストレスが強く関わっているという事ですね。という事は、鍼灸の得意とする自律神経の調節が効果を発揮するわけです。

良性発作性頭位めまい症とメニエル病ともに、症状は回転性の”めまい”であったり、症状がひどい人は吐き気がしたりするんですが、良性発作性頭位めまい症の場合は”めまい”は数分で治まり、メニエル病は症状が数時間続くようです。


発生機序




発生機序を簡単に説明すると、良性発作性頭位めまい症の場合は耳石というカルシュウムの塊が、通常、位置している場所から剥がれてしまい、平衡感覚をつかさどる三半規管に耳石が入り込む事で”めまい”が起こるんですね!

耳石はカルシュウムで出来ているので数週間で自然に消失するんですが、数週間…事あるごとに頭を動かすと”めまい”が起こると日常生活に支障をきたしてしまいますよね!

骨粗鬆症などカルシュウム不足が原因とされているので、閉経後に女性ホルモンの分泌が低下して、さらにカルシュウム不足となり、耳石が剥がれやすくなる場合と、外的刺激など頭にケガをしたり、頭に衝撃を受けた人に起こりやすいとされています。

良性発作性頭位めまい症は耳石が剥がれて三半規管に入る事で起こるんですがメニエル病は浮腫が原因で起こります。内耳のリンパ液の浮腫で起こる病気なんですね!

内耳には音を聞く細胞が詰まっている「蝸牛」と、平衡感覚をつかさどる「三半規管」と、耳石がある「耳石器」があるんですが、蝸牛の部分が浮腫むと”めまい”は感じずに、難聴っぽくなったり、浮腫が弱いと耳が詰まった感じや、耳鳴りを感じる事があります。三半規管や耳石器が浮腫むと難聴や耳が詰まった感じや耳鳴りを感じる事なく、”めまい”のみを自覚します。主に片耳が原因の方が多いんですが、両耳の場合も20~30%はあるそうです。以上の事を考慮すれば、メニエル病は浮腫が原因なので、蝸牛の部分に浮腫が起こって、難聴や耳が詰まった感じや耳鳴りがする方は、浮腫の症状が悪化すれば三半規管も浮腫む可能性が高いと考えていいと思うので、出来るだけ耳の周囲や首回り、肩などの血流改善に取り組まれた方がいいと思います。


どのように”めまい”を治療するか?




良性発作性頭位めまい症の場合は、頭や体の位置を変えて三半規管の中に入っている耳石を、三半規管から取り除くエプレイ法という方法があります。(例えて言えば、頭を動かして平行器の空気の泡を動かす…そんな感じです。)



エプレイ法のやり方はネットやYoutubeで多く紹介されてますので参考にされて下さい。
僕の経験上、良性発作性頭位めまい症の治療の際、はりきゅうふくた でもエプレイ法を取り入れてますし、良性発作性頭位めまい症の患者さんは、共通して肩や首のコリが酷い状態の方が多いので、エプレイ法に加えて肩や首のコリを取る事で治療効果を高めています。

メニエル病の場合は原因がリンパ浮腫ですから、浮腫を取るために血液の循環を良くしてあげなければなりません。鍼灸で首まわりのコリを取り、耳まりの血流をよくする方法もありますし、刺絡療法で直接、血流にアプローチして浮腫を取り除く方法もあります。

良性発作性頭位めまい症、メニエル病ともに、めまい発作前は交感神経が緊張して、呼吸が浅くなってる事が多いようです。三半規管はストレスに弱く、疲れや寝不足、季節の変わり目が引き金になって”めまい”が起こると考えられています。

最初に書いた通り、鍼灸は自律神経のs調節に効果的な治療法ですから、交感神経が緊張して、呼吸が浅くなり、ストレスを感じた時や、疲れや寝不足だな…と感じた時などは、”めまい”が起こる前に出来るだけ早く鍼灸治療を受けて”めまい”を回避した方がいいと思います。

対策が手遅れになって、”めまい”が起こっても、浮游する耳石を移動させるエプレイ法とか、リンパ浮腫を早く終息させるように、鍼灸治療を受けられる事をオススメします。



========================

院長
福田 徹  1965年生まれ  
平成15年鍼師灸師免許取得



多くの方が鍼灸治療を望まれる場合は「肩が痛い…背中が痛い…腰が…首が…」という症状を訴えて来院されます。
この場合、鍼灸治療では手・足・背中・お腹・頭など、身体のあらゆるツボを使って治療します。
初めて鍼灸治療を受けられる方は「肩が痛いのに何で足に鍼をしているんだろう?」と訝しがられたり、不思議に思われるかもしれませんが、これは肩こりや腰痛に効くツボ(特効穴)が足や手にある場合もありますが、鍼灸治療の場合”なぜ肩や腰が痛くなったのか”…という根本的な原因を探り、その原因を改善しないと、症状だけ取っても再発する可能性があるのでこのような治療をしていきます。

2003年から2012年まで福岡市中央区白金で治療しておりましたが2012年3月から早良区野芥に移転し現在に至ります。 


初めて来院される方へ

当治療院は、予約優先で治療しておりますので、来院される前には必ず電話で予約を入れてください。
治療中の場合、電話を取りづらい事がありますので6~7回コールしてみて下さい。

☎ 092-407-7746
福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4