福岡市早良区の鍼灸院 はりきゅうふくた|鍼灸で健康な状態へ戻していきます。

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


ブログ
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

淘汰する…しないは時代が判断する…

昨日、風呂に入っていて「あ~…今年の夏はコロナ騒動だから里帰り出来ないなぁ~」って思った時に、ふと思った事なんですが…。

「古典は読んでおけ…、今ある知識だけで対応しようとすると必ず壁にぶつかるぞ!」
…これは、会う度に父から言われる言葉なんです。

※「○=医」

漢方の父の投薬を見ていると、古典ばかりを重視しているのかと言えば、そうではなく、患者さんの体調や状態に合わせて、今ある方法と古典的な方法を混ぜ合わせながら対応しているように思えるんです。

古典は「宝の山…」という見方もありますが、別の見方で見ると「今の時代に伝わっていないものは時代に淘汰されたもの…」という見方もできます。

淘汰されるものには、弾かれる理由というのがあると思うんですが、優れてはいたんだけど社会的な理由…、もしくは近代的ではないというような理由で淘汰されるものもあれば、技術や考え方が突飛過ぎて社会に受け入れられなかったものや、基本的に可もなく不可もない感じで自然と消滅していったもの…。色々な淘汰のされ方があるとは思うんですけど、これ…、全て「古典」なんですよねぇ~。

なので、古典に手を出す時は、古典というだけで、それを金科玉条のように扱うのではなく、全てを鵜呑みにする事なく、各々がよく吟味して「古典」を扱った方がいいという事なんですよぉ~。

何となく「古典」って、考えの違いで、流派に別れたり、思考的に朱子学・陽明学…、薬の世界では古方派・後世方派…、鍼だと…浅く刺す派?と深く刺す派?(苦笑)に別れて、自分とは違う考え方の流派をチクリチクリと非難する傾向にあると思うんですが、「君子豹変す…」という言葉があるように、いついかなる時に自分の考え方が変わるかもしれませんし、属している流派を守る…、もしくは自分の考え方を守りたいが為…、もしくは思い込みが強すぎる為に、他者を批判したいのは分かるんですが、そうなると、既に守りに入っている状態ですし…、保身に入ってる状態なので新しいものを見つけれなくなると思うんですよねぇ~。

自分の考え方と違う考え方で、相いれないものだとするならば、どちらが正しいかは現時点で分かるものではなく、時代が判断して淘汰していくんじゃないかな?って思うんです。なので、自分を流派で縛る?流派に属す事で固定化する?ような事はしない方がいいんじゃないかな?

鍼灸院のエアコン掃除

本当はもう少し早く、冷房や暖房を使わない時期にやるべきだったのですが、「後で…」「後で…」と作業を後回しにしていた為に、8月に入って思いっきりエアコンを使う時期のエアコン掃除となってしまいました。

いつも年イチでフィンとフィラメントの掃除はしてるんですが、今回は内側のパネルも外して汗だくになりながらの掃除。お灸くらいだったら、そんなに汚れないんでしょうが、普段から灸頭鍼を使うものだから、どうしてもエアコンは汚れてしまうんですよねぇ~。だから鍼灸院の定期的なエアコン掃除は欠かせないんです。

ビニールシートで覆って、業者さんが使うエアコンの洗剤を使い圧力ポンプで吹き付け、数分後に水を圧力ポンプで吹き付けて洗剤を洗い流すんです…。バケツに溜まる水はお灸の煙で汚れていたモノを全て洗い流してくれている感じで、確かに汚れていて「うぇ~~~!Σ(゜Д゜)」って感じなんですが「綺麗になっているんだなぁ~」って感じで、見ていて気持ちが良い。(^-^;) 業者さんに頼むと1万~2万円くらいかかるから、いつもは鍼灸師ですが、この時ばかりは何でも屋さんに変身です😊

疑問に感じたら訂正する事で上達していく…

どんなものでも作り終わった瞬間は「これでよし!完成~~~!」って思うものですよねぇ~。
まぁ~時には…「あぁ~疲れた…もう、これでいいや…」って、試行錯誤の末に思考停止状態になり、創作意欲が無くなり「はいはい…これで完成!」っていう時もあったりしますが、とりあえずは現段階で考えられる事は全てやり尽くした状態で作業を終了すると思うんです。

でも、1年後とか…数年後に、その時の完成品を見ると「いやいやいや…これはチョット…」って思う事もよくある話しで…

僕は趣味でギターを弾いてるんですが、ここ数年、人前で弾く機会もめっきり減ったので、練習を兼ねて、時々Youtubeに映像をアップしてるんですけど、1年前くらいにアップした映像を久しぶりに見ると、まぁ~酷い!下手くそなギターなんですよ!…でも、その時は、とりあえずミス無く弾けた事の充実感と開放感で映像をアップしていたんでしょうが、1年経ってる間に練習して、その時より上手くこなして弾けるようになっているからか…「うわぁ~下手くそなギターやなぁ~!もう一回、撮りなおそう!」って撮りなおしたりしてね…。

まぁ~物事、時を重ねないと分からない事もありますし、その都度、疑問に感じた事を訂正していく事で上達していくのかな?って思うんです。

この1週間は、この振り返り現象とでもいいますか、過去に作ったものを、再び検証する対象物が はりきゅうふくた のホームページに向けられていて、ホームページの表紙を作り替えたのをきっかけに「あそこをこんな風に変えた方がいいな…、ここをこんな風に変えた方がいいな…」と、やたらと手直しを入れてますが、また数年後には「満足いかん!」と手を加えたくなるんでしょうねぇ~(苦笑)

最近、googleの検索に嫌われているのか?ウチのHPの閲覧件数も少ないんですが、まぁ~閲覧件数が少なくても、見てくれる人がいるって事はありがたい事ですし、表紙を変えたからって閲覧数が増えるとは思えないし、閲覧条件には何かしらかのカラクリがあるとは思うんですが、僕は鍼灸師でホームページ制作を生業にはしてないので、これ以上の詮索、検証は時間の無駄だと感じるので、放っておきますが、この”はりきゅうふくた”のホームページやブログは、僕自身が文章を作って構成する練習のつもりで書いてますので、気が向いたら見て下さいって感じです。

梅雨明けのボヤキ…

障子に映る葦簾の影と蝉の鳴き声に夏を感じます。
九州はやっと梅雨が明けました。

明けたと思ったら7月も最終日。

昨日、福岡市のコロナ感染者は75人(福岡県としては121人)だそうな…。
僕らが出来る事といえば、小まめな手洗いと、できるだけ人混みは避ける…それくらいですよねぇ~。

小まめに手洗いしていて、出来るだけ人混みを避けていても感染してしまうのだとしたら、もう、どうしようもないな…って、最近、なかば…あきらめの境地ではありませんが、このまま、この状況が続くと、どうなるんだろうか?…と不安が募り始めているのも事実ですし…、また緊急事態宣言を出して外出禁止にしたとて、前回のように外出禁止後は感染者数は減るんだろうけど、解除されたらまた増えると思うんですよね…。今度は冬に近づくから、風邪やインフルも流行るだろうし、ゴッチャゴチャのグダグダ状態になるのでは?

…なんて考えちゃいます。

先日、ちょいと所用で、百貨店に行き、買い物をした際、支払いをクレジットカードで済ませたんですが、百貨店の会計って未だに、店員がクレジットカードを持って立ち去るのね!(驚)

これだけネットで買い物が出来て、支払いにクレジットカードを使う御時世で、カードのスキミングが問題になってるのに、いくらスキミング被害は保険に入ることで全額補償されると言っても、あのシステムは20年前の中国の百貨店じゃあるまいし…ちょっといただけないよなぁ~。

HPの表紙をリニューアル

一昨日、お風呂で湯船に浸かってボォ~っとしていたら、ふと…頭に…はりきゅうふくた のHPの表紙のデザインが浮かんだもので、思い立ったら吉日男の僕としては、居てもたってもいられず、翌日に作り替えてみました。

実際に思いついたデザインは、お地蔵さんのイラストだったんですが、なにぶん…絵心はあるつもりなんですが、技量が伴わないもので、僕の机に鎮座している鍼地蔵さんの写真を載っけてみました。