【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・眼の疲れ・緑内障・頭痛・めまい・メニエル・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

ブログ
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

インナーバランス

日本シリーズが終わり、ホークスが4連勝で日本一になり、嬉しい気持ちの反面… 「もうちょっと日本シリーズを楽しみたかったなぁ~」と、思っている野球ファンって多いような気がしますが、カープも強かったし、今回の日本シリーズは、どちらが勝ってもおかしくない試合がばりでしたよねぇ~。

話は変わり…

先日、漢方薬の本を読んでましたら、「漢方薬はインナーバランスを整えるものだ…」という事が書いてありました。

確かに漢方薬や鍼灸治療はインナーバランスを整える側面が強い治療法ですよね!現代医学で使われる薬は、どちらかというと切れ味が鋭い刃のような感じで、外側の突起(症状)をスパッ!と綺麗に切り落とす…。そんな感じなんですが、コアな部分のバランスを整えるのは苦手としているのが現代医学の薬物療法。(※漢方薬も鍼灸治療も即時効果が無いわけではありません)

なので現代医学的な治療でインナーバランスを整える常套句としては「ストレスがかからないように…」だとか、「食事をバランスよく、しっかり食べて…」とか、「睡眠をしっかりとって…」とか、「規則正しい生活習慣を身につけて…」 というような感じで、薬を出した後は患者さん任せなのが現状なんじゃないでしょうか?

…確かに、この常套句はどれも間違えではないんだけれども、1日~2日…生活習慣を変えたからといってインナーバランスが整うはずもないわけで、やはりインナーバランスを整えるには長期的な視野で取り組む必要があるんですよね!そこを手助けするのが漢方治療であったり鍼灸治療であったりするんですよぉ~。なのでそう言った側面を理解されたうえで漢方薬とか鍼灸治療を選択肢の一つとして生活の中に組み込まれると、今以上に健康状態を維持できる事、間違いなしなんですよねぇ~。

賞状とか…免状とか…

もともと、あまり賞状やら免状やらをひけらかすような行為には、首をかしげる天邪鬼のような性格なので、壁一面に賞状を飾っている人や、トロフィーやら表彰楯に囲まれてニコニコしている人の写真を見ると 「あ~この人…過去の栄光にしがみつきたいタイプなのね…」 なんて思ってるんですが、先日、嫁さんが福岡県だよりの11月号を読んでいた時に、こんな記事が載ってるよ!と一言…。

あん摩マッサージ指圧、はり、きゅうを受ける皆さまへ

あん摩マッサージ指圧、はり、きゅうを仕事として行うには、国家資格が必要です。しかし、現在国家資格を持たない人による手技療法などのさまざまなサービスが提供されています。施術者が、国家資格保有者であることは「厚生労働大臣免許保有証」、法律に基づいた届け出のある施術所であるかは「施術所開設届出済証明書」で確認できます。有資格者による施術を受けましょう。

「こんな記事が福岡県だよりに載ってるって事は、無免許で治療してる人が多いって事だよね!ウチは鍼灸の免許証なんて飾ってないでしょ!賞状とか免状とかを飾るタイプじゃないのは知ってるけど、鍼灸の免許証くらいは、ちゃんと待合室に飾っておいた方がいいよ!」…と仰る。

そんなもんかなぁ~…と思いつつ、嫁さんに対しては従順な僕は…(苦笑)翌日、待合室に鍼師きゅう師の免許証の額を壁に貼り付けるのでありました。

冬支度…其の参

日本シリーズ…昨日もヒヤヒヤものでしたねぇ~。福岡ドームでホークス3タテ!といきたいところですが、カープも手強いからなぁ~。いくら過去の日本シリーズで福岡ドームでは無敗と言っても、ホイ!ソレ!とは勝たせてくれないでしょう。試合終了後に、よく「皆さんの応援の力を借りて…」って選手が言ったりしてますが、脳内のミラーニューロンの”共感”する領域がそうさせるのか…、はたまた、フロイトでしたっけ?ユングでしたっけ?無意識の領域で皆が繋がっていて、ファンの気持ちが選手に伝わる的な…、そんな領域の戦いなのかなぁ~。まぁ~、勝負は時の運ですから、一喜一憂しながら日本シリーズを楽しみたいと思います。

話は変わって…

しかし…渋谷のハロウィ~~ンの騒ぎ…、なんとかならんもんですかねぇ~。あの映像を見て「自分が10代後半や20代前半だったら、パーティーしたくなるのかな?」なんて考えたりもしますが、昔から人混みが嫌いだから、多分、やらないでしょうねぇ~(苦笑) この騒ぎ…なんだか江戸時代末期の 「ええじゃないか」 の騒動に似てる感じがするんですが、政治や社会への若者の鬱憤に対するガス抜きが上手く出来ていない証拠のような気がします…。

またまた話は変わって…

11月に入り治療室の湿度が50%をきりはじめたので、備え付けている空気清浄加湿器の掃除をしてタンクに水を溜め加湿空気清浄モードに切り替えたら室内の湿度が60%に復活しましたが、暖房を使い始めるとこの空気清浄加湿器ではおっつかなくなるので、もう少ししたら、押し入れから大きめの加湿器を引っ張り出さなきゃな…と思っております。

井戸端会議的な話…

今朝、植物に水をやってたら、蚊がまだいて2箇所刺されました。…まだ蚊がいるんですね!w(゚o゚)w…もうこれだけ寒いから蚊なんていないと思ってました。

話は変わって…

昨日の日本シリーズ…「逃げ切った…」という言葉が当てはまる試合でしたねぇ~。正直言って…見ていて疲れたぁ~~(; ̄д ̄)ホークスは勝つには勝ったけど、カープに「負けてしまったけど、こりゃぁ~いけるでぇ~!」…と思わせてしまったゲーム運びだったと思います。さぁ~今日、明日…どうなるかな???

またまた、話は変わって…

「貴ノ岩、提訴取り下げ…」っていうニュースが流れてましたが、日馬富士が引退して、貴乃花親方が協会と色々とゴチャゴチャがあって…、貴乃花部屋が無くなって…、と、時間が経過し、一連の流れを客観視すると、結局、日馬富士が暴力を振るわなければこんな事にはならなかったわけで…。一番悪いのは日馬富士なんだろうけども、喧嘩って、やられる側にも何かしらの落ち度はあったはずなので、両者に1年間出場停止とか、ボランティア活動させるとか…喧嘩両成敗で納めておけばよかったものを、第三者の余計な感情や諍いが入るから遺恨を残すような結果になっちゃうんでしょうねぇ~。「肚に納めて水に流す…」という、日本人が美徳としているモノが、日本の国技といわれている相撲では通用しないなんて皮肉な結果ですよね。

時代の流れと人って「波とサーフィン」みたいな感じ?

カープ…強いですねぇ~!ホークスの課題は、先制点取られない事…かな…。

今朝のTVニュースを見ていたら、ブラジルのトランプと言われる人がブラジルのトップになったそうですね…
なんとなくだけど、最近、凄く偏った考え方の人が国の舵取りをする国が増えつつあるような気がします。

何に於いても節目というモノがあるように、時代の流れにも節目というモノがあると思うんですが、最近、その節目が訪れているような気がするんですよ。で…、な~んとなくですが…、凄く偏った考え方のリーダーって、その節目の変化についていけず、抗っている感じがするんですよねぇ~。セクシャリティーの問題だとか、国境の問題だとか、移民問題だとか…、変化についていけない感じで、「昔はよかった!だから昔の偉大な〇〇に戻そう!」的な思考で国を動かしてる感じがするんですよねぇ~。

まぁ~人が集まり、集団になると、古い考えの人や新しい考えの人など、色々な考え方があってしかるべしなんですが、本来、人の考えって凄くちっぽけなモノで、人の考えとは別に、大きな時代の流れがあり、それがここ数年前から大きく動きだしてるように思えるんです。

時代は人が作ってるんじゃなくて、時代の流れに只、人が乗っている。…そんな感じ。時代の流れと人って「波とサーフィン」みたいな関係なのかも知れないなぁ~って思うんですよね。国が戦争する時って、間違っていると思っても、どうしようも出来ない流れの中で起こるものだと思うんですが、運命とでもいいますか、そういう大きな流れっていうのは確実にあるんだけど、微調整なら人の考えでなんとか修正が効く…。そういうモノなんじゃないかな?って思う今日この頃です。

田舎の鍼灸師の、ただの戯言でした。