【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・眼の疲れ・緑内障・頭痛・めまい・メニエル・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

四十肩・五十肩

四十肩・五十肩


肩関節を中心とした自発痛、運動痛、運動制限などの症状を四十肩・五十肩と呼んでいます。
現代医学では肩関節の軟部組織の癒着・炎症・変性などが起こると考えられています。

肩コリや首コリがベースとなっているのは確かでしょうねぇ~。

やはり肩コリ+長時間の手作業またはパソコン作業などのデスクワークによる肩周囲の筋肉えのダメージが蓄積すると通常の動きが出来なくなり自発痛や運動痛、運動制限を引き起こして四十肩・五十肩と呼ばれる症状が出るんですね!

他のページでも同じ事を書いてますが、肩を痛めるような特別な事をしていなくても基本的に特定の筋肉に持続的な緊張が加わると筋肉が凝る状況に陥ります。

この状態を放置して肩関節周囲の筋肉を酷使する事で四十肩・五十肩を発症します。



【症状としては】
40歳~50歳を中心に痛みを伴って肩関節の可動制限が起こります。一般的には肩関節周囲炎と言われて、俗称として四十肩・五十肩と呼ばれているんですね!
髪を後ろで結ぶ動作や髪をかき上げるような動作で腕を上げたりする動き(結髪動作)、帯を結ぶ時や女性ならブラジャーをする時に腕を背中の方に持って行くような動作(結帯動作)が出来ない。またはどちらかの動作が出来なくなってしまいます。

病院では鎮痛を目的とした薬物による治療や、運動療法、肩関節の温熱療法、関節包の萎縮や肩関節周囲の筋肉の拘縮を改善するためにアイロン体操を推奨しているようです。



鍼灸治療では肩コリの治療はもちろんの事、鍼とお灸を使い局所にアプローチして肩関節を構成している筋肉に起こっている循環不良や筋肉の拘縮に関わっている筋肉を緩めて肩関節の循環改善を行います。また四十肩・五十肩を患ってる間、体幹(背中・腰)は患部(肩)をかばう事で、背中・腰のバランスが崩れている事が多いので四十肩・五十肩と共に体のバランスも調えていきます。



《東洋医学的に四十肩・五十肩を解説》


四十肩・五十肩は肩甲骨周辺が悪化して、その延長上に起こる症状で、肩関節の周囲・肩背部・肩甲間部の凝りを取る必要があります。古典や東洋医学の本にも肩痺・肩背部・漏肩風などの表記で肩コリや肩背部の痛み、肩関節の不具合を表しています。

人間は年齢を重ねると気・血・精(エネルギー)が減っていく…。そうなると、そのエネルギーを貯めている臓腑が影響されて、筋肉を司どる臓腑が障害されて筋(筋肉)が滋養されなくなり、肩背部の痛みが生まれるわけです。
また、歳を取ると消化器官の衰えによって、消化吸収能力が低下して東洋医学でいう脾・胃(消化器系)の生理機能の低下で体をめぐるべきエネルギーの量が減って疼痛が起こる。

「通ぜざれば痛む」と古典の本に書いてあるんですが、エネルギーとか気という言葉を使うと、なんとなく怪しい世界の話のように聞こえますけど、検査器機とか科学技術も現在のレベルとは違う時代の話ですから、「気」とか「エネルギー」というものが流れていると考えて、その流れるべきものが流れない…。または流れる量が減ると不具合が起こるという物事の摂理とでも言いますか…自然の道理に体のしくみを当てはめて色々と考えていたんですね!
現代医学を信じてやまない人だと「それは古い考えだ!」とか…「科学的ではない!」という人もいるかもしれません。確かに紙の上の学問だと、そう思うのも分からなくはないんですが、臨床をやってるとこの考え方…意外とバカには出来ないんですよぉ~。

よく東洋医学では「風(フウ)」とか「熱(ネツ)」とか「寒(カン)」とか「湿(シツ)」によって体が不具合を起こすと考えます。字面通り、風は吹く…流れる。熱は厚さですし…、寒は冷え…湿は湿気で水分代謝が悪くなる…。なんとなく字を見れば想像出来ると思います。

ここで大事なのは、何も「風」が悪い…とか「熱」「寒」「湿」が悪いというわけではなくて、「過ぎたるは及ばざるが如し」とでも言いますか…許容範囲を超えてしまうと良いもの悪影響を及ぼしかねないという考え方が大事になってきます。

例えば風が吹かない場合は、空気が澱みますので、ある程度の風は必要になりますが強風だとチョイと具合が悪い。とりあえず極端な考え方になってしまうとマズいんですね!…体が冷えると痛みが出るのなら熱は必要だし…、熱い時は冷やさなくてはいけないし…。
やはり「ほどほど」というキーワードが大事なんですね!

文頭でも四十肩・五十肩は肩甲骨や肩の使いすぎで悪化してしまい起こる肩関節の症状なんですが、使いすぎと言っても急激に使った場合と慢性的に使いすぎて疲労してしまってる場合もあります。
よく患者さんが言われる言葉で「何も使いすぎるような事はしてないんだけどね!」というワードがあるんですよね!急激に何か肩や腕を使って、肩関節を痛めた場合は、患者さん自身、思い当たる節はあるんですが、慢性的な使いすぎで肩関節を痛めた場合、患者さんにとっては使いすぎてる肩・腕の動作は日常の事なので特別な事ではなかったりするものなんですよね!なので「何も使いすぎるような事はしてないんだけどね!」…となるわけです。

鍼灸でどう四十肩・五十肩を治療するのかというと、基本的には局所の血液循環を改善して「風・寒・熱・湿」「五臓六腑」などに対しては体の調整を行います。




==================

※ブログで肩・腕の痛みの事を書いたものです。


《鍼灸治療!恐るべし!…子午流注編》
2016年2月12日

僕ら鍼灸師は基本的に東洋医学の範疇ではあるんですが、「なぜそこが痛いか?…どうして動きが悪いのか?」と患者さんの症状を西洋医学的にも考えたりします。例えば筋肉の損傷だとか、関節の不具合だとか…やはり患者さんを目の前にすると頭の中の何割かは西洋医学目線…また何割かは東洋医学目線…。そんな感じで思考のスイッチを切り替えながら治療を行います。

東洋医学的な考え方の1つとして『子午流注』という時刻と体の経絡の流れ…気血の流れをある法則に則りリズム化したものを使い、ツボを選択する方法があるんですが、先日、腕が上がらないという患者さんに、この子午流注を使い治療したところ、鍼をした直後から痛くて上がらなかった腕がヒョイ!と上がるようになったんですね!その時に使ったツボは三陰交という足首のちょっと上の内側にツボ…。

肩・腕が痛くて足のツボに鍼をしたら腕が上がるようになるって西洋医学的にどう解説していいものやら…(苦笑)

西洋医学一辺倒な考えしか持たない人からすれば「嘘でしょ!また大げさに!」…という発言しかできないと思いますが、嘘でもなんでもなく、まぎれもない事実ですしね!「精神的なものだったんでしょ!」なんて懐疑的な事を言う人もいるかも知れませんが、精神的なものだろうと何だろうと、患者さんの痛みが取れるのであれば、それに勝るもの無しだと思うんですよねぇ~。

まぁ~僕ら鍼灸師からすれば、やはり経絡という考え方は人間…しいては生き物の中に概念として存在しているものなんだなと改めて思う次第です。

======================

院長
福田 徹  1965年生まれ  
平成15年鍼師灸師免許取得


多くの方が鍼灸治療を望まれる場合は「肩が痛い…背中が痛い…腰が…首が…」という症状を訴えて来院されます。
この場合、鍼灸治療では手・足・背中・お腹・頭など、身体のあらゆるツボを使って治療します。
初めて鍼灸治療を受けられる方は「肩が痛いのに何で足に鍼をしているんだろう?」と訝しがられたり、不思議に思われるかもしれませんが、これは肩こりや腰痛に効くツボ(特効穴)が足や手にある場合もありますが、鍼灸治療の場合”なぜ肩や腰が痛くなったのか”…という根本的な原因を探り、その原因を改善しないと、症状だけ取っても再発する可能性があるのでこのような治療をしていきます。

2003年から2012年まで福岡市中央区白金で治療しておりましたが2012年3月から早良区野芥に移転し現在に至ります。 


初めて来院される方へ

当治療院は、予約優先で治療しておりますので、来院される前には必ず電話で予約を入れてください。
治療中の場合、電話を取りづらい事がありますので6~7回コールしてみて下さい。

☎ 092-407-7746
福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4