【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・眼の疲れ・緑内障・頭痛・めまい・メニエル・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

寝違え・首の痛みの治療

寝違え・首の痛み


目が覚めると首が動かない…動かすと痛い…、このような症状を皆さんは "寝違い”と言われていると思います。
首の筋肉や靱帯の急性的な炎症、または筋肉の拘縮と考えられています。

基本的に動かない…または、動けない事が多いと筋肉にとっては、とても辛い事なんですよね!

急性的な炎症という事であれば、何か炎症を起こすような負荷を首の筋肉にかけるような事をした…とか…。
または扁桃や鼻や喉の炎症が波及して起こる事も考えられます。

筋肉の拘縮という事でいえば…長時間デスクワークをする人が多いですよね!…パソコンとずっと睨めっこをするために猫背のようになる。



実は頭の重さって 5Kg ほどあるらしいんですが、ボーリング球って 11ポンドで4.9Kg あるらしいんですよ!
細い首の骨(頸椎)の上にボーリング球と同じ重さの頭が乗っかっていて、それを首の筋肉が引っ張って支えているわけなんです。
その状態でパソコンと睨めっこで、上半身を前傾姿勢しようものなら 5Kg の頭をず~っと筋肉が支える事になる。

特定の筋肉に持続的な緊張が加わると筋肉が凝る状況に陥ります。
首の横に付いてる僧帽筋や首の奥の方にある肩甲挙筋、それから少し深い所で頸椎と肋骨をつないでいる斜角筋があり、それが硬くなります。

僧帽筋は肩と腕が前へ出ると、これを支える為に働きます。例えば…パソコン作業などで肩が前の方に出て肩をすぼめるような姿勢が続くと僧帽筋に持続的な負荷がかかり血行が悪くなります。

斜角筋は頭蓋骨の後ろを引っ張って頭を持ち上げるような動作の時に働きます。下ばかり向いていると斜角筋が凝っていきます。



基本的に体の不具合は急に大きな変化が起きる事は稀で、多くは蓄積されてしまったダメージが容量を超えてしまった事で体に変化が起こり寝違いなどの症状が出ると考えていいと思います。

ですので寝違えを起こす人の特徴としては、特定の筋肉に持続的な緊張が加わるような姿勢を強いるような事をされた方。姿勢の歪み、肩・首・肩周辺の背骨の歪みでダメージが蓄積されて寝ている時に肩・首・背中などが冷え(夏は冷房、冬は寒さ)により血行不良を起こしてしまう事で起こっていることが多いです。



鍼灸治療ではダメージの蓄積されている筋肉を特定して患部の筋肉にアプローチすると共に、その患部に付随して過緊張している背中や肩の筋肉をほぐす事で寝違いを治療いたします。


======================

※過去のブログで鍼灸治療・病気の事について書いたものです。

《動かないことの功罪》
2015年12月15日

「廊下に立ってなさい!」…と先生から言われて罰として廊下に立たされた記憶がある人も多いはず…(笑)
動かずにジッとしているのって身体にとってはホントに罰ゲームなんですよね!

動かない ⇒ 一部の筋肉のみ持続的な緊張をしいる ⇒ 一部の筋肉が疲弊する ⇒ 血行が悪くなる ⇒ 凝りが生まれる。

動くって言う事は、まんべんなく筋肉を使うというか…、凝りの発生を回避する防御策なんですよぉ~。
寝返りなんかもその1つですけど、根を詰めて作業すると、ついつい同じ姿勢で1時間…2時間…3時間と作業をしてしまうんですよねぇ~。そうなると自然に首・肩・背中・腰に凝りが生まれる。それが慢性化すると凝ってる事が日常となり、あまり気にならなくなる。そうなると凝りをどんどん成長させるというか、肩こり・首凝り・腰の凝りが酷くなる。その凝りがピークに達すると、頭痛や四十肩・五十肩、ギックリ腰になってしまうんですねぇ~。

仕事や作業をする場合、30分に1回くらいは、姿勢をリセットさせるように動く方がいいと思うんですよねぇ~。



《ヤマイダレ(落語のマクラ風に書いてみました…)》

2014年3月17日

昔から「病から気から…」と申しますが、確かに気分で体調がガラッと変わる事はよくある事で、このことを一番、顕著に感じるのが恋煩いってやつですなぁ!「あの人の事を想う度に御飯も喉を通らなくなる…」なんてイイながら、恋に破れた日には御飯も食べれなくなってガリガリに痩せてしまうかも…って思ってましたら「あんちきしょう!俺を…私をフリやがって!!こうなったら今まで食べれなかった分を食って!食って!食い倒してやる!」なんて、気分次第で身体は如何様にも変化します。

「癖」という漢字を見てみるとヤマイダレなんですねぇ~!病は癖から起きている…何事にも起源といいますか原因があるんですが、病気は癖が原因で起こると言っても過言では無いと思ってるんですよね!昔から「無くて七癖」と言うように癖が無いように見える人でも、癖は必ず持ってるものなんですよね!姿勢でどちらかに重心をかけていたり…足を組んだり…鞄は右の肩にかけないと落ち着かない…とか、食事の好みは勿論の事、睡眠時間…生活全般にかけて癖の塊で成り立っていると言ってもいいくらい…。

この癖が…限度と言いますか、許容範囲を超えてしまうと病を引き起こすんでしょうねぇ~!僕は患者さんにはよく言ってるんですが…症状が消えるのと病気が治るのは別物なんですよね!本格的に病気を治そうとするならば「体質改善!=癖を直す!」これが必要なんですよね!煙草がやめられないのと一緒で癖ってなかなか直せないのが実情で…やはり「石の上にも三年…」これくらいの気持ちで挑まねば、企画倒れみたいな感じで挫折してしまいます。気長に気長に…コレが病気を治すコツかもしれませんね!

おあとがよろしいようで…。



《ダルマ落としかぁ~!》

2015年12月3日

よく患者さんに体の歪みを説明するとき「身体はバランスが崩れながらも、何とかその状態を改善…もしくは保とうと頑張っていて、そのバランスがより悪い状態になってしまうと、体調が一段と悪くなるんですよ!」って話をしてるんですが、先日、読んだ『姿勢の科学』っていう本でダルマ落としを例に挙げて説明されてました。僕らの仕事はダルマ落としの、歪なバランスを少しずつ元に戻していく方法と、一度崩して再構築する方法を用いて患者さんの体調を考慮しながら対応しているんですが…「一度壊して再構築…」って身体にとっては負担が大きいので、できる限り、歪なバランスを少しずつ元に戻していく方法で対応します。これは癖を直すという事にも繋がるので、時間がかかるんですよねぇ~。人の話を素直に聞ける人と、聞けない人がいらっしゃるのと同じで、素直に反応してくれる身体と、そうでない身体とでもいいますか、よく鍼灸師が「鍼灸治療は痛みや不調が無くても月イチくらいのペースで受けていた方がいい!!」と言ったりしますが、これは営業トークではなくて、素直に反応してくれる身体を作っておくと言うか……、素直に反応してくれる身体維持しておく。畑とか田んぼも手入れをしておかないと雑草が生えて、そのままにしておいたら元の状態に戻すのには2~3年かかると言われてますしね!やっぱり手入れって重要なんですよねぇ~。


======================

院長
福田 徹  1965年生まれ  
平成15年鍼師灸師免許取得


多くの方が鍼灸治療を望まれる場合は「肩が痛い…背中が痛い…腰が…首が…」という症状を訴えて来院されます。
この場合、鍼灸治療では手・足・背中・お腹・頭など、身体のあらゆるツボを使って治療します。
初めて鍼灸治療を受けられる方は「肩が痛いのに何で足に鍼をしているんだろう?」と訝しがられたり、不思議に思われるかもしれませんが、これは肩こりや腰痛に効くツボ(特効穴)が足や手にある場合もありますが、鍼灸治療の場合”なぜ肩や腰が痛くなったのか”…という根本的な原因を探り、その原因を改善しないと、症状だけ取っても再発する可能性があるのでこのような治療をしていきます。

2003年から2012年まで福岡市中央区白金で治療しておりましたが2012年3月から早良区野芥に移転し現在に至ります。 


初めて来院される方へ

当治療院は、予約優先で治療しておりますので、来院される前には必ず電話で予約を入れてください。
治療中の場合、電話を取りづらい事がありますので6~7回コールしてみて下さい。

092-407-7746
福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4